オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ 【3.4/5点】
オンリーラヴァーズレフトアライヴ 

あらすじ
吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。アンダーグラウンドな音楽シーンに身を置いて人間たちと共存しているが、何かと自己破壊的な言動を取る彼らに対して複雑な思いを抱いていた。そんな中、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼のイヴ(ティルダ・スウィントン)が、アダムが暮らすデトロイトへとやって来る。久々の再会を楽しもうとする二人だが、イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が現われる。

 

『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。『マイティ・ソー』などのトム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントンやミア・ワシコウスカと、実力派俳優が結集。彼らの妙演はもとより、ジャームッシュ監督ならではのユーモラスでシニカルな世界観も堪能できる。

 

感想レビュー

ジムジャームッシュの監督作は「ブロークンフラワーズ」しか見たことはないですが、おそらく全作を通じてこの映画のようにスタイリッシュでかっこいいと言われる映画なのでしょう。

 

主演二人は神秘的な顔立ちのトムヒドルストンとティルダスウィントン。特にティルダスウィントンのかっこよさは際立っていてこの映画は彼女なしでは考えられません。音楽やギターの知識があったらたまらなく好きになりそうな映画です。

 

ゆったりと流れる特有の雰囲気が二時間近く続きますが飽きることはありませんでした。それは街並みが美しかったり、衣装がかっこよかったり、音楽がイケてたり、なにかとキザなところがいいのでしょう。

 

途中でこの映画はジムジャームッシュ版「ビフォア〜」シリーズのスピンオフだと思って観てました笑
何百年も生きてるヴァンパイアが二人で一緒にいるときはいつもべったり。数年で離婚する現代のゾンビ達(二人は人間をゾンビと呼ぶ)をきっと彼らはよく思っていないでしょう。

 

ちなみに余談ですが、この映画では笑顔を見せないトムヒドルストンですが、普段はとても謙虚でスター気取りな所はいっさいないそうです。私の友人がトムと友達なので教えてくれました。

 

関連ページ

ジョーブラックをよろしく
ブラッド・ピットが地上に降り立ち人間の女性との恋に落ちる死神に扮したロマンティックなファンタジー。
ザ・ホスト 美しき侵略者
『トワイライト』シリーズの原作者ステファニー・メイヤーのベストセラー小説を基にしたSFアクション。
イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち
『トイ・ストーリー』(脚本)『アベンジャーズ』(監督・脚本)のジョス・ウェドン製作・脚本『ルビー・スパークス」ゾーイ・カザン主演の、切なくて愛おしいSFファンタジック・ラブストーリー。
アバウト・タイム 愛おしい時間について
イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。
パッセンジャーズ
飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客のカウンセリングを担当するセラピストが、不可解な事態に巻き込まれていく心理サスペンス。
メビウス(R-18)
『嘆きのピエタ』などの韓国の鬼才キム・ギドクがメガホンを取り、浮気者の夫、夫への怒りから息子の性器を切断した妻、性器を失った息子という壮絶な一家を描く過激作。
モンスター 変身する美女
南イタリアの美しい海辺の街を舞台に、恐ろしい秘密を持つ美女との恋に落ちてしまった青年の愛の行方を描くホラーロマンス。
ラブバトル
『ポネット』などで知られるフランスの巨匠、ジャック・ドワイヨンが監督と脚本を務めて放つ衝撃的な恋愛作。
永遠の僕たち
第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映され高い評価を受けた、『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督による一風変わった青春ドラマ。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ラブロマンス ファンタジー ラブコメ